おかちゃん デジカメの変遷(BODY編)

1 満足できなかった時期

オリンパス C−3030ZOOM

 (本体は処分済み。写真は当時のカタログ。)

 最初に購入したデジカメ。当時のデジタル一眼レフはとても高価で、とても買えなかった。当時メインに使っていたフィルムカメラは、オリンパスOM−3Tiで、それに見合うデジカメはまだまだ手が届かなかった。でも、いずれは写真がフィルムからデジタルになると思っていたので、慣れる意味もあって購入した・・・んだと思う。今はもう、購入に踏み切ったきっかけは、憶えていない。家のそばのバス停の時刻表を、書き写すのが面倒だからデジカメで撮影すれば・・・、なんて思っていたことがきっかけだったかもしれない。
 何とか憶えているのは、いよいよ300万画素の機種が出始めて、「200万画素よりは300万画素の方が画質がいいんだろう。どうせなら、画質のいいものにしよう。」と考えたことだ。しかし、購入直後に「300万画素機よりは、無理をしていない200万画素機の方が色がいい。」というカメラ雑誌の記事を読んで、悔しい思いをした。まぁ、撮り比べてないから、違いは分からないままだが。
 バス停の時刻表を撮ってみたが、近接撮影でタル型の歪曲がすごく出たのは、コンパクトだからというのはあるにせよ、がっかりした。レンズ先端に前玉保護用のフィルターが着けられないことが不安だったが、これはサードパーティー製のアタッチメントでしのげた。
 解像度は、落として200万画素にすることもできた。冬季など電圧が下がりやすいときは、何故か300万画素では撮影できず、200万画素で撮影したことも多かった。その場合、20〜30人の集合写真では、Lサイズプリントでは眼鏡をした人の目など細かいところの描写が気になったが、これは720dpiだったプリンタの性能もあったかもしれない。
 この頃はまだAWB(オートホワイトバランス)なんて何のことか分からず、夕景を撮ったのに赤みが消えた写真を見て、残念に思ったこともあった。
 機能はいろいろあったようだが、分からないことがおおく、使いこなしたとはいえない。それでも、イベントの記録などでも使ったので、総撮影枚数はそれなりに多かったと思う。まだまだ重要な撮影に耐えられるカメラじゃ無いと思っていたので、メインはフィルムカメラ(OM−3Ti)で、そのサブにC-3030を使う、という運用が多かった。

オリンパス E−300

(2005年冬に購入。1年経たない2005年11月に、E-500に買い換え売却。不遇にしてしまったなあ。)

 (本体は処分済み。写真は当時のムック本。)

購入まで
 2003年10月にオリンパスから新規格のデジタル一眼レフE−1が発売されていたが、ボディーだけで20万円を超え、標準ズームも5万円をはるかに超える値段だったので、「こんなん買えるかぁ!!」と諦めざるをえなかった。そうして「デジタル一眼レフはまだまだ高価だけど、何とか手に入れたいなぁ。」と悶々としていたところ、2004年12月にE−300が発売された。ボディーだけで9万円位で、ようやくデジタル一眼レフが手の届く所まで降りてきたことを実感した。
 それでも、新宿ヨドバシの店先で展示品を手にしながら、「ボディーはE−1にしようか、予定どおりE−300にしようか。」「標準ズームは、安くなるセットの方(キットレンズのZuikoDigital 14-45mm F3.5-5.6)にしようか、いい明るい方(ZuikoDigital 14-54mm F2.8-3.5)にしようか。」と延々悩み続けた。
 「デジタル一眼レフと標準ズームとの組合せで買うと、バラで買うより安く買える。」というキットレンズの売り方を最初にとったのは、このオリンパスE−300だったと思う。しかし自分は、「レンズは良いものにしておいた方がいい。」と考え、キットレンズでなく、ZuikoDigital 14-54mm F2.8-3.5 にした。レンズをこの竹ズームにしたことは、その後の評判やキットレンズの変遷を見ると、正解だったと思う。

失敗した・・・か?
 購入して家に帰り、改めて手にしてみると、ずいぶんと大きいことに気づいた。購入前は、「ボディー重量が約580gだから、OMボディーと大して変わらないんじゃ。」なんて思っていたが、右手の握り心地は、デカさを格段に感じていた。
 撮影してみると、被写体の緑は写っていても、空の青さは真っ白に飛んでしまっていた。今の自分なら、「デジタルは銀塩フィルムよりもダイナミックレンジが狭いから云々。」ということが分かって撮影する。しかし、この当時は「なんじゃ、こりゃぁ!?フィルムだったら空もきれいに写ってるはずだぞ。」という落胆のショックが大きかった。「高い買い物だったのに、失敗したかもしれない。」とも思った。
 さらに、夕方に風景を高感度(ISO1600)で撮影した際のカラーノイズの多さにも落胆した。

 こうなるともう早々と、使おうという気は失せてきた。E−300をOM−3Tiと持ち比べてみて、「大して画質もよくない上に、OMの良さだった軽量コンパクトさも無い。なんでこんなもん買っちゃったんだろ・・・。」と悲しくなっていった。

遠景が白く飛んで、空と判別できなくなってしまった。

今見ると、濃ゆい発色は好み。(今のE-3もvividで使ってる。)

ISO1600で夕景を撮ったら、カラーノイズがすごくてがっかり。


ここまでは、デジカメに好意的でなかった。
しかし、この後、E−500に買い換えると、一転して・・・。

戻る