おかちゃんデジカメの館

レンズは、もうすっかり満腹。マクロレンズもコンパクトも揃えたし、とりあえず大抵の撮影には対応できるようになった。三宅島に来てから、さらに魚眼まで揃えたので、レンズは総数11本。よく揃えたよな〜。それでも、フィルムカメラ時代(オリンパスOMシリーズ)のピークの20本(※)には満たないが。まぁ、フィルムカメラ時代はまだズームがいまいちで、単焦点で揃えてたのが大きいか。フィルムカメラ時代と比べて、拡充したのは超望遠と高倍率標準ズーム、カバーできていないのは等倍以上の拡大撮影と大口径望遠、てとこだろう。

※ 21mmF3.5、24mmF2.8、28mmF2、50mmF1.4、マクロ50mmF3.5、マクロ90mmF2.5(タムロン)、100mmF2.8、100mmF2(これを手放したのは、ちと惜しい。)、135mmF3.5、180mmF2.8、200mmF5、300mmF4.5、300mmF5.6(タムロン)、マクロ80mmF4、マクロ38mmF2.8、マクロ20mmF2、28-48mmF4、28-70mmF3.5-4.5(タムロン)、65-200mmF4、75-300mmF4.5-5.6(シグマ)の20本。一時は、マクロ135mmF4.5もあった。

カメラBODY

1 満足できなかった時期
オリンパス C-3030 (処分済み)
オリンパス E-300 (処分済み)
2 デジカメがメインに
オリンパス E-500 (処分済み)
オリンパス E-1 (処分済み)
3 本格さと軽快さと
オリンパス E-3
待望のE-1後継機。魅力は、なんといっても強靱な防塵防滴と、強力な手ぶれ補正、そして視野率100%ファインダーだ。
E-1から格段に進化したのは、それまで貧弱だった3点AFが、いっきに11点ツインクロスになったこと(暗所に強いのもよし。)。そして、強力な手ぶれ補正だ。
逆にがっかりしたのは重量。E-1が660gなのに、810gに激増したのは誤植じゃないかと思ったほどだ。そして、縦位置グリップが太くなって、重く、ホールディングも悪くなったこと。内蔵ストロボも自分は要らない(不用意に開いてしまいそうなギミックは要らん。)。動体追尾AFや高感度ノイズの弱点も相変わらず。
それでも、HIGHグレードのレンズと組み合わせて、雨天でも気兼ねなく撮影できる安心感は、何にも代え難い強みだ。ここ一番、という撮影ならE-3を使う。
オリンパス E-30
登場時には、いくらか興味を引かれたが、すぐに手を出すほどじゃないと思った。アートフィルター初搭載機で、カメラ雑誌の診断室なんかでも取り上げられたが、すぐに出たE-620もけっこう同じ機能があるので、位置づけが分かり難くなってはいる。
自分がこれを選んだポイントは、E-3とほとんど同じ使い方ができることだ。E-620もけっこういいと思ったが、AFはE-3と同じ点数の方が三脚に据えたとき同じ使い勝手で使えるし、方眼スクリーンへの換装、E-3と同じ縦位置グリップ、全ての4/3レンズでコントラストAF可能、といったことが決め手になった。E-3は重すぎると思うが、E-30は655gとE-1並みになり、持ち歩きも楽だ。
実際に使って感じるのは、単体で使うよりも、E-3のサブとして使うことで良さが際立つんじゃないか、てことだ。E-30自体所有者は少なそうだし、両方持ってる人となると・・・。通好みの機種ってことになるんだろうか。
オリンパス E-420
E-400、E-410の後継機。グリップは小さいけど、ホールディングは悪くない。普段使いはE-3、E-30でも、軽い散歩や荷物を減らしたい旅行にはE-420が合う。使い処を限定すれば、3点AFしかないのは意外と気にならない。
この前に使っていたE-500は小型軽量でも鞄に入れたときの重さがかなり気になったが、E-420は本体もバッテリも軽いので、重さが本当に気にならない。手ぶれ補正が搭載されたE-620が出て、E-420はディスコンになってしまった(海外向けにはアートフィルター搭載のE-450があるようだが。)のは惜しい。ペン(E-P1、E-P2)とはまた違った小型軽量の魅力ある機種だからだ。手ぶれ補正は無いが、この小型軽量さと掌に馴染む握り心地は、何物にも替えがたい。
オリンパス μ Tough-6000
三宅島赴任を控えて購入した、防水で手ぶれ補正付きという待ち望んだ機種。落としてもまず大丈夫という頑丈さだが、さらに衝撃吸収プロテクタも被せて安心感を増やして使っている。
画質やAF速度は予想ほどじゃなかった。手ぶれ補正もあんまり効いてる気はしない(といっても、今のコンデジはみんなファインダーを覗かないで液晶画面を見ながら撮る使い方だから、手ぶれしやすい機種ばかりだとは思うが。)。
使っていて分かったデジイチよりもいい点は、料理の記録写真や本のページ撮影(複写?)にけっこう使えるってことだ。軽くて防水だからいつもポケットに入れて持ち歩いている。
メモリーカードは、XDは高くて容量が少ないから、アダプタを介してマイクロSDカードで使っている。

交換レンズ

1 初めてのデジタル一眼レフ用交換レンズ
ZuikoDigital 14-54mm F2.8-3.5

2 撮れる世界を広げたくて。
ZuikoDigital 40-150mm F3.5-4.5(処分済)
ZuikoDigital 11-22mm F2.8-3.5

 

3 このコンパクトさを待ってたんだ。
ZuikoDigital ED 40-150mm F4.0-5.6
ZuikoDigital ED 14-42mm F3.5-5.6

4 これまで手が届かなかった世界にさえ手が届く。
Sigma APO 135-400mm F4.5-5.6 DG

5 手を出すつもりは無かったのに。
Panasonic LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
Panasonic LEICA D VARIO-ELMAR14-150mm F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

ZuikoDigital ED 14-35mm F2.0 SWD

6 環境が変わるなら、それに合う眼を。
ZuikoDigital ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
ZuikoDigital 35mm F3.5 Macro
ZuikoDigital ED 8mm F3.5 Fisheye

 

 


戻る