東京都指定天然記念物
堂山のシイ

昭和11年3月4日指定

 

 三宅島一周道路の「薬師前」バス停でバスを降りると、「東光山満願寺」と「御祭神社」(ごさいじんじゃ)の解説板がある。ここから入る道はスダジイの巨樹が多く、2000年(平成12年)の噴火前の三宅島の自然林の姿を残している。道の終点手前に御祭神社の鳥居があり、その右側に東京都指定天然記念物「堂山のシイ」がある。

  

 表から見ると、のたうつような独特の姿をしている。裏に回ると、主幹が途中で折れていて、太い枝がまるで幹のように伸びてこの姿を形成していることが分かる。主幹は心材が朽ちて無くなっており、辺縁部だけが、それも千切れ千切れに残って、ようやく体を支えている。それでも樹勢が衰えている様子はなく(ひこばえはけっこう出ているが。)、目通り幹周り4.70メートル、樹高約18メートルを誇っている。

 

神着の大ザクラ」へ進む。

 TOP